all

workshop

food design

event

branding

produce

web

design

planning

pr

space

Smiles

Soup Stock Tokyo

100本のスプーン

株式会社ニューテックシンセイ

株式会社ドリームプラザ

GOEMON

株式会社ヤマサン

株式会社 マツバラ

株式会社東果堂

アトラス化成

中日ステンドアート

DEAR FRIEND'S

株式会社ポーラ

株式会社ロッテ

ourselves

一般財団法人 伝統的工芸品産業振興協会

株式会社池田泉州銀行

岡野バルブ製造株式会社

株式会社ふくや

三井不動産株式会社

有限会社 丸久商店

株式会社イソガイ

インターステラテクノロジズ株式会社 

キッコーマン食品株式会社

住友化学株式会社

株式会社リビタ

宗教法人圓能寺立 若草幼稚園

株式会社 照沼

食処くさの根

株式会社クイーンピスタチオ

JR東日本クロスステーション

株式会社ハッチ

株式会社リブロプラス

福島県商工会連合会

京セラ株式会社

一般社団法人手紙寺

土佐しらす食堂二万匹

オーナークライアント 日南市/設計・施工 株式会社乃村工藝社

株式会社美らイチゴ

amirisu株式会社

SPACE COTAN株式会社 / 大樹町役場企画商工課航空宇宙推進室推進係

クワトロ Quattro

株式会社オレンジページ​

フジ物産株式会社

ユウキ食品株式会社, 株式会社ビーツ

お茶と酒たすき

野村不動産ビルディング株式会社

大堀相馬焼陶吉郎窯

株式会社ゼロワンブースター

叶や豆冨 大椙食品

株式会社 京都産業振興センター

旭酒造株式会社

株式会社レリアン

日本出版販売株式会社

一般社団法人日本家具産業振興会、メッセフランクフルト ジャパン株式会社

フードバレーとかち首都圏プロモーション実行委員会

株式会社 中華・高橋

株式会社ITC

オクズミ商事

学校法人加藤学園

横浜市

株式会社 未来ガ驚喜研究所

Panasonic

江東区

日鉄興和不動産株式会社

株式会社コスモスイニシア

株式会社亀屋万年堂

デデデデデンサン プロジェクトプロデュース

Responsible:

Event

,

Produce

,

Planning

,

PR

デデデデデンサンは一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会とSmilesが取り組む、伝統的工芸品に光を当て直すプロジェクトです。
2022年のプロジェクト第一期では、伝統的工芸品の産地を訪れ、生活者視点をもって現代でも魅力のある伝統的工芸品を見つけ出し、実験場としての売り場「PASS THE BATON MARKET」への出展までをプロデュース。Smilesではネーミング、リサーチ、VMD開発、ロゴデザイン、PRツール制作までプロジェクトのプロデュースを担当しました。

伝統的工芸品の
ナナメウエ

伝統的工芸品はこれまで脈々と受け継がれてきた歴史、時を経て培われる精巧な技術、古来から変わらない素材など、その「伝統」に重きを置いて取り上げられきました。それは工芸品の価値を高めることに貢献しましたが、一方で敷居が上がり、生活者との間には一種の距離が生まれたのではないでしょうか。
デデデデデンサンプロジェクトでは「伝統」とは異なる目線で伝統的工芸品を捉え直し、スポットライトをナナメウエから当て、現代の生活における魅力を再発見します。

デ 出会いを重視
デ 出掛けて見学
デ 伝統踏まえて
デ デットストックも

プロジェクト第一期では、16社の伝統的工芸品製造事業者を訪れてリサーチを実施。リサーチにおいては4つの「デ」を基本姿勢とし、伝統的工芸品の歴史や製法を取材しました。同時に事業者が制作した工芸品を現行、デッドストックを問わず網羅的にリサーチ。生活者視点をもって、現代でも価値のあるプロダクトを見つけ出しました。

ニュー伝統的工芸品

伝統的工芸品をミタテの視点で見直し、生活者にとって魅力が溢れデている工芸品、抜きんデた技術を活用し現代に通じる価値を提供している工芸品、昔から変わらないけれど今も輝いているデきあがった工芸品をピックアップ。ニュー伝統的工芸品としてカタログ化しました。
事業者が過去に制作した昔ながらの伝統的工芸品と、現代に通じる価値を見い出した伝統的工芸品を対置して掲載し、伝統を踏まえながら工芸品の新しい価値を捉え直しました。

三度見で届く価値

ページの左側はあえて従前どおりの伝統的な工芸品の写真を、右側には現代の生活における工芸品の新たな側面にフォーカスした写真を掲載。新旧の工芸品の対比を、構図的な対比として提示しています。
作り手都合で価値を決めつけることを避け、冗長なキャプションはあえて添えずビジュアルとコピーのみで構成。余白を作ることで、三度見して価値が伝わるような、生活者に自然に受け入れられるアプローチをとりました。

実験場としての売り場づくり

リサーチを通じて見つけ出した伝統的工芸品は実際に売り場を構成して販売。PASS THE BATON MARKET vol.9、vol.10にデデデデデンサンブースとして8事業者ずつ出展しました。
伝統的アイテムと現代的アイテムを対置した展示や、使用シーンを想起させるディスプレイ、プロダクトに触れられるエリアなど、百貨店催事とは一線を画すVMDを展開しました。

client: 一般財団法人 伝統的工芸品産業振興協会

Producer:野崎 亙 / 吉田 剛成
PM:小穴 啓介 / 伊藤 日瑚
CD:永井 史威
VMD:掛川 佳世
Design:小池 真緒
Planning & Copywriting:everybody