オレンジページCI開発・コーポレートブランディング​

Responsible:

Workshop

,

Branding

,

Web

,

Design

,

PR

株式会社オレンジページのCI開発およびコーポレートブランディング。生活情報誌『オレンジページ』で認知度の高い同社ですが、実はその活動範囲は物販、イベント運営、マーケティング支援など、多岐にわたります。そんな幅広い活動に通ずる「企業のDNA」をインタビューや全社員参加型ワークショップで掘り起こし、同社が次のステージへ向かうためのCIを策定しました。​

​CIリリース用特設LP:http://www.orangepage.jp/untied-pages

「全員“へん”集長会議」​

つくるのは「ロゴ」ではなく​会社のミライ

たとえロゴを変えても、会社の中身が変わるわけではありません。目指すべきは、一人ひとりが会社の将来像を描き、体現していくこと。そこで、全社員参加型のワークショップ「全員“へん”集会議」を開催し、全員が「じぶんごと」としてこれからのオレンジページ社のあり方を探究するプロジェクトとして進めました。

ページを ほどこう。

変わらない"らしさ"を散らばせる

CIのデザインコンセプトは「ページを ほどこう」。コンセプトを視覚的に表現するため、​長く愛されてきた生活情報誌『オレンジページ』ロゴを分解し、​ひとつひとつのカケラが世の中に散らばり、充していくイメージを​デザインパターンとして定義しました。​

企業姿勢を体現するダイナミックアイデンティティ​

今後さまざまな分野に事業が展開されていくことを想定し、ロゴタイプは装飾性を極力廃し、シンプルかつクリアな書体で構成。サブエレメントとの組み合わせで動的に変化するビジュアルアイデンティティを採用することで、オレンジページ社員の偏愛や豊かな個性をアイデンティティとして可視化しました。

「株式会社オレンジページ」は、​
「株式会社オレンジページ」に
かわります。​

期待値を生み出すためのコミュニケーション

CI新設のプロモーションにおいて何より伝えたかったのは、ロゴの変化よりも、中身の変化。プレスリリース、レター、紙面広告などを展開するとともに、特設LPのインタビュー記事では、一人ひとりの意識の変化や近い将来に実現させたい「タクラミ」にスポットライトを当てています。
オレペさん、何か面白いことを企んでますね。そんな反響が生まれることを目指しました。

client: 株式会社オレンジページ​

Member​:
Producer:野崎​ 亙
CD/AD:林​ 大輔
PM:津田​ ひかる
Design:大森​ 智哉
Copywriting:林​ 大輔
Photo:三島​ 賢志
Web:永井 ​史威
PR:林 大輔​