all

workshop

food design

event

branding

produce

web

design

planning

pr

space

Smiles

Soup Stock Tokyo

100本のスプーン

株式会社ニューテックシンセイ

株式会社ドリームプラザ

GOEMON

株式会社ヤマサン

株式会社 マツバラ

株式会社東果堂

アトラス化成

中日ステンドアート

DEAR FRIEND'S

株式会社ポーラ

株式会社ロッテ

ourselves

一般財団法人 伝統的工芸品産業振興協会

株式会社池田泉州銀行

岡野バルブ製造株式会社

株式会社ふくや

三井不動産株式会社

有限会社 丸久商店

株式会社イソガイ

インターステラテクノロジズ株式会社 

キッコーマン食品株式会社

住友化学株式会社

株式会社リビタ

宗教法人圓能寺立 若草幼稚園

株式会社 照沼

食処くさの根

株式会社クイーンピスタチオ

JR東日本クロスステーション

株式会社ハッチ

株式会社リブロプラス

福島県商工会連合会

京セラ株式会社

一般社団法人手紙寺

土佐しらす食堂二万匹

オーナークライアント 日南市/設計・施工 株式会社乃村工藝社

株式会社美らイチゴ

amirisu株式会社

SPACE COTAN株式会社 / 大樹町役場企画商工課航空宇宙推進室推進係

クワトロ Quattro

株式会社オレンジページ​

フジ物産株式会社

ユウキ食品株式会社, 株式会社ビーツ

お茶と酒たすき

野村不動産ビルディング株式会社

大堀相馬焼陶吉郎窯

株式会社ゼロワンブースター

叶や豆冨 大椙食品

株式会社 京都産業振興センター

旭酒造株式会社

株式会社レリアン

日本出版販売株式会社

一般社団法人日本家具産業振興会、メッセフランクフルト ジャパン株式会社

フードバレーとかち首都圏プロモーション実行委員会

株式会社 中華・高橋

株式会社ITC

オクズミ商事

学校法人加藤学園

横浜市

株式会社 未来ガ驚喜研究所

Panasonic

江東区

日鉄興和不動産株式会社

株式会社コスモスイニシア

株式会社亀屋万年堂

気仙沼ピーチシャーク ロゴ・商品パンフレット

Responsible:

Branding

,

Design

宮城県気仙沼は、全国有数の漁港。なかでもサメの水揚げは全国の約7割を誇ります。気仙沼で水産加工品を製造販売する株式会社中華・高橋の想いは、栄養価が高く鮮度の良いサメ肉のブランドを立ち上げ食卓に広げていきたいということ。
ブランドのストーリー作りから商品ブランドロゴ、マスコットキャラクター、商品パンフレットの作成まで実施しました。

ヨシ子(48)
ヨシキリザメ
座右の銘
『うんめぇがら、けぇ』
(美味しいから、お食べなさい)

違和感と愛されるキャラクターの両立

「サメ肉」はまだまだ、生活者にとってかなり遠く距離のある食材です。その距離を縮めて鮮魚コーナーの棚割りに食い込んでいくためには認知から購買までのフェーズごとに戦略が必要。ブランド商標を【ピーチシャーク】とし、サメのキャラクター【ヨシ子】を軸とした親しみやすい世界観で、コミュニケーションを生む仕掛けを作りました。ピンクのヨシ子と、同じくピンクのブランドカラーは、買い付け業者が集まる展示会でもひと際目を引き、何のブースかと思わず立寄る人が続出。人がまた人を呼ぶ状況を生み出します。

キャラクターを超えた、気仙沼のアイコンへ

サメは近海で比較的安易に水揚げできる水産物ですが、においやイメージの面でなかなか市場を開拓していけず、練り物などの加工品利用にとどまっていました。また、サメを漁獲するマグロ延縄漁の経営難やサメ保護活動の圧力など乗り越える課題も沢山あります。
そんな中、気仙沼周辺の方言を話す【ヨシ子】の親しみやすいキャラクターを軸にブランドのコミュニケーションをしていくことで、サメ肉のアイコンとしても取り上げられるようなシーンを想定しました。
ピーチシャークの認知やサメ肉を売るためだけでなく、サメに関する正しい知識を広めたり、気仙沼漁港の復興を語るうえでも登場できるキャラクターを作り、別の角度でも情報が流通するような仕掛けを作っています。

client: 株式会社 中華・高橋

AD:北山 瑠美

Design:北山 瑠美
Copy writing:原田 理恵