all

workshop

food design

event

branding

produce

web

design

planning

pr

space

Smiles

Soup Stock Tokyo

100本のスプーン

株式会社ニューテックシンセイ

株式会社ドリームプラザ

GOEMON

株式会社ヤマサン

株式会社 マツバラ

株式会社東果堂

アトラス化成

中日ステンドアート

DEAR FRIEND'S

株式会社ポーラ

株式会社ロッテ

ourselves

一般財団法人 伝統的工芸品産業振興協会

株式会社池田泉州銀行

岡野バルブ製造株式会社

株式会社ふくや

三井不動産株式会社

有限会社 丸久商店

株式会社イソガイ

インターステラテクノロジズ株式会社 

キッコーマン食品株式会社

住友化学株式会社

株式会社リビタ

宗教法人圓能寺立 若草幼稚園

株式会社 照沼

食処くさの根

株式会社クイーンピスタチオ

JR東日本クロスステーション

株式会社ハッチ

株式会社リブロプラス

福島県商工会連合会

京セラ株式会社

一般社団法人手紙寺

土佐しらす食堂二万匹

オーナークライアント 日南市/設計・施工 株式会社乃村工藝社

株式会社美らイチゴ

amirisu株式会社

SPACE COTAN株式会社 / 大樹町役場企画商工課航空宇宙推進室推進係

クワトロ Quattro

株式会社オレンジページ​

フジ物産株式会社

ユウキ食品株式会社, 株式会社ビーツ

お茶と酒たすき

野村不動産ビルディング株式会社

大堀相馬焼陶吉郎窯

株式会社ゼロワンブースター

叶や豆冨 大椙食品

株式会社 京都産業振興センター

旭酒造株式会社

株式会社レリアン

日本出版販売株式会社

一般社団法人日本家具産業振興会、メッセフランクフルト ジャパン株式会社

フードバレーとかち首都圏プロモーション実行委員会

株式会社 中華・高橋

株式会社ITC

オクズミ商事

学校法人加藤学園

横浜市

株式会社 未来ガ驚喜研究所

Panasonic

江東区

日鉄興和不動産株式会社

株式会社コスモスイニシア

株式会社亀屋万年堂

Thinking:010
#Branding, #Method

関係性のブランディング関係性の
ブランディング

これまでのブランド論においては、ブランドプロミス(ブランドが顧客に対して約束すること)やブランドフィロソフィ(ブランドが首尾一貫してもつ哲学)のようにステークホルダーに対して一方的に提示する自身の在り方が重要視されていたように思います。要は主眼は「私が何者か?」を確立することにあったのではないでしょうか。

私たちは敢えて違った視点からブランドをとらえています。
「私とあなた(ステークホルダー)との関係性がどうでありたいのか?」
その関係性を築くためには、自分自身の態度をフレキシブルに変化させていくようなブランドの在り方こそが今日的ではないだろうかと思うのです。

時代や社会トレンドといった激しく変化する川の流れの中で、その流れに抗い、その場に踏みとどまり続ける杭となることも一つですが、流れに身を任せながらも、相対的な位置は変わらない在り方もあるんじゃないでしょうか?
むしろ踏みとどまる杭の方が時として大きな流れからは取り残されて相対的には変化してしまっているなんてこともあるかもしれません。

「関係性のブランディング」とは「ブランドとステークホルダーとの関係性に着目し、ありたい信頼関係を構築するためのアプローチ」のことです。

関係性のブランディングにおいては、要素によって大別して4つの関係性が存在します。

規範的関係-間違いない選択
その存在が社会的に認められていて、受容者の嗜好性によらずある一定の信頼性が担保されている。

合理的関係-理由が明確な選択
合理的判断によってその企業(製品等)を受容する

宗教的関係-“これがいい”という選択
その企業(製品等)を盲目的に受容・信仰している

共感的関係-“なんか好き”という選択
その企業(製品等)に何らかの親近感・価値観の一致性を感じている

上記の関係性に着目すると、市場のこれまで見えてこなかった新たな盤面が浮き彫りになると共に、ありたい関係性へ向けたとるべきアプローチも明らかになってくるわけです。

Thinking:010