Thinking:026
#Team Management

HAVE TO DO, WANT TO DO, GOOD AT DOHAVE TO DO
WANT TO DO
GOOD AT DO

あなたの大事は何だろう?

組織マネジメントにおいて、スタッフ個々人の何を大切にするのか?
そんな議論がよく起こります。

HAVE TO DO = 個人が組織に対してやるべきこと
WANT TO DO = 個人が(時として組織の中でor組織を使って)やりたいこと
GOOD AT DO = 個人が(組織の中で比較して)得意なこと

普通の会社なら”HAVE TO DO”が大事なのは当たり前。
最近の企業なら”WANT TO DO”を大切にする会社もあるかななんて思います。
スマイルズも一見”WANT TO DO”を大切にする会社と考えられているような気も。

でも個人的にはちょっと違う。
HAVE TO DO = 時としてやらされごとになってしまう

WANT TO DO = 必ずしもやらなくてもいいから後回しになってしまったりする。
来年にはヤリタイコトが変わっている!なんてことも。
そして自分がヤリタイコトに”共感する共犯者”が生まれるとも限らない

GOOD AT DO = ”得意なこと”は自分自身のアイデンティティ(存在意義)。
だからこそ譲れない、諦めることができない。最も力強く推進してくれる原動力です。

自分の得意を突き詰めることで、会社にとっての”HAVE TO DO”も自分らしく達成することができる。
自分にとっての”WANT TO DO”にもそのあなたの得意を信じて、共犯者が巻き込まれていく。

自分の”GOOD AT DO”を見つけてみよう、見つめてみよう。
一人ひとりの”GOOD AT DO”が集まれば、大きなことをしでかすことができそうだ。