Thinking:028
#Scope

「これでいい」ではなく「これがいい」これでいい
ではなく
これがいい

「これがいい」=偏狂的意志

「これでいい」を目指したり、
「これでいい」ところで落ち着いてしまうと
アウトプットのタイミングになったときに
合格点かと思いきや、ぎりぎり相手の満足に届かないということがあります。

また、市場調査やマーケティングの分析を行って
「これでいい」を論理的に導き出したのにも関わらず、
ピンとくる解決策が生み出されないなんてことも。

新しいことを始めたり、これまでの慣習を打ち破るためには
「これでいい」ではもの足りず、「これがいい」まで突き進む必要があります。

プロセスなのか、コンセプトなのか、デザインなのか、
プロジェクトのどこかで、「これがいい」という意志を
誰かが強く有して、やりきる、やり過ぎる、やり通すことが不可欠。

こだわりを越えた、ある種の「偏狂的な意志」が
他との違いを生み出し、企画やブランドのユニークネスをつくってくれる。

自分たちが腹から納得し、
相手の期待値を超えていけるように
「これでいい」ではなく、
「これがいい」を追求し続けられるように頑張ります。