Thinking:027
#Donew, #Process

後出しジャンケン後出しジャンケン

事後報告でも構わない

”ホウ・レン・ソウ”、
”カク・レン・ボウ”、
”ザッ・ソウ”、
ビジネスシーンにおいて大事なことは、時代とともに移り変わるものですよね。
いずれにせよコミュニケーションが大切なんだということを言いたいのだと思います。

でも敢えて、上司から「”ダマ”でもいいよ。」
と言ってみる。

逆に部下は”ダマ”でやってみる。

一見、”ダマ”でやるとは目の前の上司の壁から逃れる逃げの一手とも言えますが、
やろうとすることへの社内の余計な壁を無効化する最大の手段とも言えます。

”ダマ”でやった結果、ダメだったら、イケてなかったら当然上司は怒りますよね。

「なぜ相談しなかったんだ!」と。それは当たり前です。
だからこそ”ダマ”でやるには自分の覚悟や確信が必要。起業家と一緒です。
”ダマ”でもやろうとすることが、その個人のモノサシやコトを興す実行力を
養ってくれることもある。

本当に不安になれば、きっと相談してくれるはず。
そもそもその覚悟がなければ、やっぱりやらない(そもそも頼まれてもいない仕事なわけですから)。
最高なのは”ダマ”でやった後の事後報告「やってやりました。素晴らしい結果が出ましたけど何か?」。