酒盃ブランディング・webサイト制作

Responsible:

Branding

,

Produce

,

Web

,

Design

福島県で1760年から続く大堀相馬焼陶吉郎窯の作品を紹介・販売するwebサイトを制作。超シンプルな形状と色ながらも、器の口当たりと口離れを追究した盃の良さを伝えるべく、ブランドサイトにも工夫を散りばめています。盃のブランド名・ブランドロゴの開発も担当しています。

https://iki-sakazuki.com/

一品突破の
ブランディング

1サイズ、1カラー。他はやらないという選択。

ブランドと言いながらも1品しかありません。サイズも1つ、色も1色。
しかし、自然の素材で人の手で形作られ、焼いて仕上がる盃は本来の意味では一つ一つ微妙に異なります。
焼き上がりごとに違う「作品」として捉えることで、ECサイトでも別商品として掲載することを提案。

あれもこれも欲張らず、打ち出すものや打ち出し方を極端に絞り込むことで「偏愛性」や「異常性」を醸成。

それはまるで、
口づけのような盃

普通に見えて、凄まじき口触り

一見は究極的にシンプルで古くから伝わる形状だが、こだわり抜かれた特徴を持つ盃。
シンプルでもメッセージが強く、作者・近藤氏の人柄のようでもあります。
特徴と思いをストレートに伝えるべく、全体はあえて違和感や緊張感のあるレイアウトで仕上げながら
土にまつわる配色で、高級さとロゴにも込めた柔らかさを表現しました。

client: 大堀相馬焼陶吉郎窯

Member:
Producer:吉田 剛成
Director:福永 英樹
Concept:吉田 剛成、福永 英樹
Design:福永 英樹