美らイチゴが運営するカフェ「イチゴバナレ」ブランディング・プロデュース

日本最南端のいちご農園、美らイチゴ が運営するカフェ「イチゴバナレ」。コンセプト、メニュー、サービス、グラフィックデザイン、建築及びインテリアデザインまで、新業態を総合的にプロデュースしました。

イチゴを超えていく
イチゴのミライ

美らイチゴは、イチゴの可能性を探求し、これまでのイチゴを超えていく。
ニンゲンバナレは人間にしかできないが、イチゴバナレもイチゴにしかできないよね。

イチゴをヒロメるシーサーたち

美らイチゴを運ぶのは沖縄のシンボル、シーサーたち。
気ままなシーサーたちは、時にはイチゴを飛ばしたり、奪いあったりと、遊びながらイチゴを運びます。
シーサーとイチゴの位置も自由に変えられるデザインにより、様々なパッケージ展開への対応が可能です。

農園のハナレだからできる、鮮やかなまでの「イチゴづくし」

いちご農園のすぐ隣、農園のハナレで嗜む、いちごの数々。
摘んで楽しい、食べて楽しい、飲んで楽しい、買って楽しい。
新鮮イチゴをふんだんに、怒涛のように、心ゆくまで召し上がれ。

農園のハナレのヒミツのコウバ

イチゴマミレになるファクトリーストア

一見するとファクトリーのように見える外観。
中を覗けば存在感のある赤いガラスで囲われた大きなパントリー。
カウンターは種のつぶつぶを表現、イチゴハダ仕上げ。
奥へ進めば赤いコンテナがうず高く積まれた、イチゴマウンテン。
空間に佇ずめばあなたもイチゴマミレに。

client: 株式会社美らイチゴ

Member:
CD:野崎 亙
Space:齋藤 正人
Design :金 智姫、本多 里帆
Food:葛川 敬
PM:須永 紀裕