「THE HOTEL ~ほてるホテル~」プロデュース

Responsible:

Produce

,

Design

,

Planning

,

PR

,

Space

「家具見本市の企画からデザイン落とし込み、カフェ出店まで全てやり切る」

2016117日(月)~9日(水)に開催された「IFFT/インテリア ライフスタイル リビング」の特別企画「THE HOTEL」のコラボレーションディレクターを担当。「ほてるホテル」をテーマに企画から空間・グラフィックのデザイン、カフェの出展まで、見本市での体験を総合的にプロデュースし、ただの“泊まる”ことを超えた誰かにとって心躍るホテル空間・体験を出展者を巻き込みながら作りました

見本市を、体験に変える

出展企業の商材からイメージを膨らませ、体温が上がるアイデアを「ほてる妄想」と題し、各ブースで提案。「北欧おすそ分けホテル」やジュエリーの樹「ジュエ樹」など、現実にはないが実現できそうな”妄想”をイラストとテキストで表現しています。
展示会によくある開かれた空間は、商品を試してみたい来場者にとって時に障壁になるもの。妄想を掲示すると同時にブースを区切ったり、企業と来場者との接点を作りやすい空間づくりを表現しました。

想像を喚起する展示の仕掛け

ビックサイト東5ホールの中央部分で独占的に展開した「ほてるホテル」。ホールの中央には40組超の出展者から集めた家具や雑貨でハートマークを形成した全長約13メートルの「ほてるテーブル」を配置しました。上からも眺められるように設置した展望台には3つの望遠鏡を備え、覗くと「会場にいる誰かの心の声」を表現した言葉を見つけ出すことが出来ます。ほかにも、漕ぐとレモンの香りがする自転車など、見る側が自然と想像力をかきたてられ、過去の経験に思いを巡らせたり、未来の妄想を思いつくきっかけとなるようなしかけを散りばめました。

client: 一般社団法人日本家具産業振興会、メッセフランクフルト ジャパン株式会社

Member:​
CD:野崎 亙 ​
AD:キム ジヒ
PM:吉田 剛成​

Planning: everybody
Concept & Copy Writing:野崎 亙 ​
Design:キム ジヒ, 木本 梨絵
PR:蓑毛 ​萌奈美
Space:齋藤 正人​